Vol. 5 No. 2 メンガタヒメバチ亜科Acerataspis属

Genus Acerataspis, Subfamily Metopiinae (Family Ichneumonidae)

コンボウヒメバチ Acerataspis clavata (Uchida, 1934)
コンボウヒメバチ Acerataspis clavata (Uchida, 1934)

 Metopius属に引き続き、比較的目にする機会が多いAcerataspis属を扱います。属への検索表は寄生蜂のリストと写真を参照下さい。

 本属は国内に2種が生息しており、森林の林縁などで得られます。国内における生態は良く判っていません。Metopius属ほどではないですが、しばしば灯火に飛来します。国内の2種は下記の検索表で容易に識別できます。

 

日本産種の検索表

(Kusigemati, 1971を基に作成)

1.前伸腹節の隆起線Costulaは小室の中央付近から生じ、小室の表面は比較的なめらか。側単眼と複眼間の長さは単眼の直径よりも短い。小盾板の先端とSubtegular ridgeは黄色部を持ち(しばしば標本のコンディションによっては不明瞭になる)、中脚と後脚の脛節は広く黄色のバンドを持つ。後体節第1~3背板はしばしば黄色紋を持ち、第4背板の帯はそれほど顕著に幅が広くならない。

・・・コンボウヒメバチ Acerataspis clavata (Uchida, 1934)

-.前伸腹節の隆起線Costulaは小室の後方付近から生じ、小室の表面は皺を持つ。側単眼と複眼間の長さは単眼の直径よりも長い。小盾板の先端と Subtegular ridge、中脚と後脚の脛節は黒色。後体節第1~3背板は黄色紋を欠き、第4背板の帯は幅が広い。

・・・スジコンボウヒメバチ Acerataspis sinensis Michener, 1940

図.Acerataspis属各種の前伸腹節の隆起線
図.Acerataspis属各種の前伸腹節の隆起線

参考文献

Kusigemati, K. (1971) Taxonomic studies on the subfamiliy Metopiinae of Japan (Hymenoptera: Ichneumonidae). Memoirs of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University, 8(1): 205-298.

 写真をクリックすると大きなサイズで見ることができます。