TERSILOCHINAE Schmiedeknecht, 1910

Tersilochinae sp.
Tersilochinae sp.

他の亜科との識別に用いる形態]

小型~中型のヒメバチ。頭盾は幅広く、顔面から溝で分割される。頭盾前縁は平行に伸びる剛毛を持つ。下口隆起線は大腮基部と後頭孔間で広く消失する。前胸側板下腹方角は強く突出した葉片を欠く。Sternaulusは消失するが、代わりに明瞭な横にはしる有孔溝を中胸側板に持ち、中胸側板の中程度の高さ~中脚基節間に走る。前翅は鏡胞を欠き、2/Rsはとても短い。縁紋は大きく、三角形。後翅のM+Cu脈の3/5は痕跡状。後体節第1節は細長く、気門は先端付近にある。後体節は側方から圧され、大抵強い光沢を持つ。後体節第2~4節の側背板は広く、背板としわで分割されない。産卵管は短い~長く、多少とも背方に曲がり、背方先端方に切れ込みを持つ。

[主な生態]

主にゾウムシ等の鞘翅目幼虫に内部寄生する飼い殺し型寄生蜂。

[同定の際の注意]

一見するとチビアメバチ亜科やキバラアメバチ亜科に似ているが、一般に小型なことと、中胸側板の有孔溝の存在等幾つかの形質で識別できる。

 

ロシアのKhalaim博士(Tersilochinaeの研究の第一人者)によると、日本産種のファウナは極東ロシアのそれに比較的近いが、固有の未記載種の割合が多く、今後検討されるとのことである(Khalaim, 2011).従って、日本産種は大半が不明種と考え、安易な種への同定は慎むべきであろう。

日本産種のリスト

 

Allophrys Förster, 1869

    matsumurai Khalaim, 2017

    takemotoi Khalaim, 2017

 

Diaparsis (Diaparsis) Förster, 1869

      Diaparsus Thomson, 1889

      Luchatema Walkley, 1956

 hyperae Kusigemati, 1980

 

Heterocola (Heterocola) Förster, 1869

 concava (Uchida, 1956) (Ischnobatis)

 

Phradis Förster, 1869

   Eutomus Förster, 1869 [homonym]

   Isurgus Förster, 1869

 flavoclypeatus Khalaim, 2007

 kyushuensis Khalaim, 2007

 nikishenae Khalaim, 2007

 

Probles (Rugodiaparsis) Horstmann, 1971

 kunashiricus Khalaim, 2003 

 

Spinolochus Horstmann, 1971

 laevifrons (Holmgren, 1860) (Thersilochus)

   levifrons (Dalla Torre, 1901) (Cryptophion) [homonym]

 

Tersilochus (Tersilochus) Holmgren, 1859

 curvator Horstmann, 1981

 hokkaidoensis Khalaim, 2012

 juxtus Khalaim, 2012

 konishii Khalaim, 2012

 liopleuris Thomson, 1889

 offrenatus Khalaim, 2012

 spasskensis Khalaim, 2012