XORIDINAE Shuckard, 1840 マルズヒメバチ亜科

サッポロマルズヒメバチ Ischnoceros sapporensis Uchida, 1928 (寄主のヒメスギカミキリを探す)
サッポロマルズヒメバチ Ischnoceros sapporensis Uchida, 1928 (寄主のヒメスギカミキリを探す)
Xorides sp.
Xorides sp.
クロマルズヒメバチ Xorides investigator (Smith, 1874)
クロマルズヒメバチ Xorides investigator (Smith, 1874)
トゲマルズヒメバチ Odontocolon rufum (Uchida, 1928)
トゲマルズヒメバチ Odontocolon rufum (Uchida, 1928)
サッポロマルズヒメバチ Ischnoceros sapporensis Uchida, 1928
サッポロマルズヒメバチ Ischnoceros sapporensis Uchida, 1928

他の亜科との区別に用いる形態]

小型から大型のヒメバチで、体色は大抵黒味ないしは黒褐色を帯び、頭部は丸い。頭盾は溝によって顔面と分けられ、大抵強い横隆起を有し、先端部は浅くなる。大腮は短く、1歯(Xorides属)か2歯からなる。額は時々触角挿入孔の間のやや背方に角状突起を有する(Ischnoceros属)。中体節はしばしば平圧される。中胸側板と中胸腹板の境界にある横溝は、短いか無い。後脚脛節の腹縁には時々突出した歯を持つ(Odontocolon属)。前翅は開いた鏡胞を有し、前翅翅脈2/Rsは2/Rsと2m-cuの間のM脈の長さより短い。後体節第1節は大きく、頑丈で、柄側刻は無く、気門は中央か中央より前方に存在する。後体節は筒状か、背面と腹面が平圧される。産卵管は少なくとも後脚脛節と同長で、たびたび長くなり、背面に切れ込みは無い。産卵鞘はしばしば先端が拡大する。

[主な生態]

木材穿孔性の鞘翅目と広腰亜目に外部寄生する殺傷型寄生蜂。殆どが幼虫に寄生するが、おそらく蛹や前蛹にも寄生しているものと考えられる。

[同定の際の注意]

トガリヒメバチ亜科の一部の種やクチキヒメバチ亜科に似るが、きちんと形質を調べれば区別できる。属までの同定が比較的容易であるが、種への同定は一部よく見られる種を除き困難。国内には知られている4属全てが分布しており、下記の検索表で識別できる。

全世界の属への検索表(日本にはすべて分布)

 

1.大腮先端は2歯が融合し、彫刻刀のように一歯になる(図B矢印)。♀の触角先端方は曲がり、数節のみ特徴的な感覚毛を持つ(図E矢印)。後体節背板にしばしば斜めの明瞭な溝を持つ。

・・・Xorides

-.大腮先端は2歯で、融合しない(図D矢印)。♀の触角先端方は特徴的な感覚毛を持たない(図F)。腹部背板はそのような溝を持たない。

・・・2へ

2.後脚腿節下面に棘がある(図G矢印)。額は角を持たない。体の光沢は強い。産卵管は大抵より長い。

・・・Odontocolon

-.後脚腿節下面に棘を欠く(図H)。額は角を持つ(図C,D矢印)か、持たない。体の光沢は強い~弱い。産卵管は長い~短い。

・・・3へ

3. 額の中央に角を欠く。中体節と後体節は平たく、脚は頑丈で短い(図H)。産卵管はある程度長い。

・・・Aplomerus

-.額の中央(前単眼の前辺り)に角を持つ(図C,D矢印)。中体節と後体節はより筒状で、脚は通常の形態。産卵管はより短い。

・・・Ischnoceros

図.各種マルズヒメバチ--- A-D, 頭部(A, B, クロマルズヒメバチ Xorides investigator; C, D, サッポロマルズヒメバチ Ischnoceros sapporensis); E, F, 触角鞭節の先端方(E, クロマルズヒメバチ X. investigator; F, トゲマルズヒメバチ Odontocolon rufum); G, H, 後脚(G, トゲマルズヒメバチ O. rufum; H, ヒラタマルズヒメバチ Aplomerus japonicus).

日本産種のリスト 

 

Aplomerus Provancher, 1886

Platysoma Provancher, 1885

Anodontomerus Ashmead, 1900

Haplomerus Dalla Torre, 1901

 japonicus Watanabe & Matsumoto, 2010 ヒラタマルズヒメバチ

 

Ischnoceros Gravenhorst, 1829

        Mitroboris Holmgren, 1859

 assimilis Kusigemati, 1984

 bicinctus Walker, 1874 (正体不明種)

 kirishimensis Kusigemati, 1984

 sapporensis Uchida, 1928 サッポロマルズヒメバチ

 

Odontocolon Cushman, 1942

Odontomerus Gravenhorst, 1829

 jezoense (Uchida, 1928) (Odontomerus)

 microclausum Uchida, 1955 アシブトマルズヒメバチ

 nikkoense (Ashmead, 1906) (Odontomerus)

karafutonis (Uchida, 1928) (Odontomerus)

 rufum (Uchida, 1928) (Odontomerus) トゲマルズヒメバチ

 

多数の不明種が日本に分布している。

 

Xorides Latreille, 1809

        Xylonomus Gravenhorst, 1829

        Epixorides Smith, 1862

        Gonophonus Förster, 1869

        Moerophora Förster, 1869

        Rhadina Förster, 1869 [homonym]

        Sichelia Förster, 1869

        Sterotrichus Förster, 1869

        Perissocerus Smith, 1877 [homonym]

        Moansa Tosquinet, 1896

        Cyanoxorides Cameron, 1903

        Macrosterotrichus Kokujev, 1903

 Spiloxorides Cameron, 1903

        Caenostoma Cameron, 1905 

        Pyramirhyssa Mocsary, 1905

        Gonioprymnus Cameron, 1906

        Periceros Schulz, 1906

        Rhadinopimpla Schulz, 1906

        Neoxylonomus Szépligeti, 1914

        Ahyborhyssa Enderlein, 1919

        Paraglypta Kieffer, 1921

        Lavaudenia Seyrig, 1932

        Neoxylonomus Clément, 1938 [homonym]

        Xylonomimus Clément, 1938

        Amphixylonomus Benoit, 1952

        Gymnacanthus Benoit, 1952

        Exomus Townes, 1960

 crassitibialis (Uchida, 1932) (Xylonomus) モモブトマルズヒメバチ

erigentis Wang & Gupta, 1995

 investigator (Smith, 1874) (Xylonomus) クロマルズヒメバチ

 iwatensis(Uchida, 1928) (Xylonomus) イワテマルズヒメバチ

 jezoensis (Matsumura, 1912) (Xylonomus) オオマルズヒメバチ

        lineatus (Matsumura, 1912) (Xylonomus)

 nasensis Uchida, 1956

   nigritibiae (Uchida, 1952) (Xylomemus) スネグロヒメマルズヒメバチ

 sapporensis (Uchida, 1928) (Xylonomus) ヒメマルズヒメバチ

 sepulchralis (Holmgren, 1860) (Xylonomus) モイワマルズヒメバチ

        moiwasanus (Matsumura, 1912) (Xylonomus)

 

上記の種以外に10種程度が日本に分布している。