EUCEROTINAE Viereck, 1919 フトマルヒメバチ亜科

キモンフトマルヒメバチ Euceros sensibus Uchida, 1930 ♂
キモンフトマルヒメバチ Euceros sensibus Uchida, 1930 ♂
キモンフトマルヒメバチ Euceros sensibus Uchida, 1930 ♀
キモンフトマルヒメバチ Euceros sensibus Uchida, 1930 ♀
キモンフトマルヒメバチ♂触角(中央部が拡大する)
キモンフトマルヒメバチ♂触角(中央部が拡大する)

他の亜科との区別に用いる形態

中型から小型のヒメバチで、一見ハバチヤドリヒメバチに似る。頭盾は大抵、顔面と分割する明瞭な溝を持たず、頭盾前縁は鈍い。触角は、♂において中央が平らで幅が拡大する。前胸背板の中央背面には二又の隆起した突起(隆起)がある。前翅は開いた鏡胞を有する。後体節第1背板は幅広く、頑丈で、柄側刻が存在し、気門は中央より前方に存在する。後体節は背面と腹面が平圧され、丸みを帯びる。産卵管は非常に短く、大抵殆ど目立たず、背面に切れ込みは無い。

主な生態

ヒメバチ上科に高次寄生を行う。

同定の際の注意

♂は特徴的な触角で間違うことは無い。♀はしばしばハバチヤドリヒメバチ亜科に似るが、前胸背板の突起で識別できる。その為、フトマルヒメバチだと思われるヒメバチの標本作成時は、頭部を下方に下げて観察しやすいようにする必要がある。

 日本を含む北半球産の種は何れもEuceros属に属する。

日本産種のリスト

 

Euceros Gravenhorst, 1829  (→WEB図鑑

       Eumesius Westwood, 1840

       Omaloceros Giraud, 1857

       Tautozelus Förster, 1869

       Pseudasthenara Uchida, 1930

albibasalis Uchida, 1932

brevinervis Barron, 1978

albitarsus Curtis, 1837

dimidiatus Brullé, 1846

clypealis Barron, 1978

kiushuensis Uchida, 1958 キマダラフトマルヒメバチ

pectinis Barron, 1978

pruinosus (Gravenhorst, 1829) (Tryphon) オオフトマルヒメバチ

         crassicornis Gravenhorst, 1829

         morionellus Holmgren, 1857

         unifasciatus Vollenhoven, 1878

         superbus Kriechbaumer, 1888

         castaneus (Pfankuch, 1906) (Eumesius) [infra-subspecies]

         nigritrochantellus Uchida, 1932

         teshioensis Uchida, 1932

rufocinctus (Ashmead, 1906) (Asthenara) クボミフトマルヒメバチ

          egawai Uchida, 1955

sensibus Uchida, 1930 キモンフトマルヒメバチ

serricornis (Haliday, 1839) (Bassus) フトマルヒメバチ

          egregius Holmgren, 1857

          grandicornis Holmgren, 1857

          sapporensis Uchida, 1932

          kinugawensis Uchida, 1958