ハエヒメバチ亜科  ORTHOCENTRINAE Förster, 1869

Orthocentrus sp.
Orthocentrus sp.

他の亜科と区別に用いる形態

小型から中型のヒメバチで、大抵小型で、体は華奢で腹部は凹みやすい。頭盾は大抵小さく、強く隆起し、しばしば大きく強い隆起部を顔面に持つ(この場合は頭盾と顔面の間の溝は無い)。大腮は大抵スレンダーで、薄く、刃状。頭部は前面から見て、強く三角形。マーラースペースはしばしば長く、subocular grooveを持つ。触角柄節は長く、大抵、長さは幅の2.5倍以上。♂の触角にはしばしば凹んだ感覚器を持つ。後翅翅脈2/Cuは、しばしば無くなる。後体節第一節は頑丈からスレンダーまで様々で、気門は大抵中央付近か、中央より前にあり、g柄側刻はあるか、無い。産卵管はとても短い~若干長く(大抵の種は短い)、先端背面の切れ込みはあったり、なかったりする。

主な生態

海外では双翅目に寄生した記録がある。全ての種がおそらく飼い殺し型内部寄生であると考えられている。

同定の際の注意

一見するとメンガタヒメバチ亜科の小型種に似ているが、慣れれば亜科までの同定は比較的易しい。しかしながら、種までは現状ではほぼ不可能。属すらあやしいものが多い。

 最も分類が遅れているグループで、100種近く得られていると思われるが、ほとんど未記載種と思われる。

 

(注意) 以下のリストにおけるsp.と表記してある種については渡辺の手元にある標本を整理した際に見つかったものである。一部は未記録の既知種への同定が完了しているが、これらについても論文として報告するまではsp.のままにしておく。

日本産既知種のリスト

 

Aperileptus Förster, 1869

   sp. A

 sp. B

 sp. C

 sp. D

 sp. E

 sp. F

 

Entypoma Förster, 1869

     Entelechia Förster, 1871 [homonym]

     Entelechius Thomson, 1888

     Entypomus Thomson, 1888

 ferale Rossem, 1988 

 sp.

 

Eusterinx (Holomeristus) Förster, 1869

 tenuicincta (Forster, 1871) (Holomeristus)

      fungicola (Ashmead, 1894) (Mesoleptus)

 

Gnathochorisis Förster, 1869

   sp. A

   sp. B

   sp. C

 

Hemiphanes Förster, 1869

   sp. A

   sp. B

 

Hyperacmus Holmgren, 1858

     Nothaima Cameron, 1902

     Cushmania Dasch, 1992 [homonym]

 crassicornis (Gravenhorst, 1829) (Exochus) ニセアシブトヒメバチ

      brunniventris (Rudow, 1883) (Exochus)

      suerinensis (Brauns, 1905) (Lampronota)

 

Megastylus (Megastylus) Schiodte, 1838

   sp. A

   sp. B

   sp. C

   sp. D

   sp. E

 

Megastylus (Dicolus) Förster, 1869

   sp. A

   sp. B

   sp. C

 

Neurateles Ratzeburg, 1848

   asiaticus Watanabe, 2016 ハラボソハエヒメバチ

 

Orthocentrus Gravenhorst, 1829

     Atmetus Förster, 1869

     Phaenosemus Förster, 1869

     Tapinops Förster, 1869

     Exochiscus Walsh, 1873

     Pachyonyx Walsh, 1873 [nomen nudum]

     Pachyonyx Viereck, 1914 [homonym]

     Orthocentrellus Benoit, 1954

 fulvipes Gravenhorst, 1829

      carinatus Uchida, 1932 [homonym]

      badifrons Uchida, 1942

 

 20種は確実に国内に分布している。

 

Picrostigeus  Förster, 1869

 sp.

 

Plectiscidea Viereck 1914

   sp.

 

 多数の不明種が日本に生息している。

 

Plectiscus Gravenhorst, 1829

   sp. A

   sp. B

   sp. C

   sp. D

 

 おそらくもっと多数の種が分布していると思われる。

 

Proclitus  Förster, 1869

   sp. A

   sp. B

 sp. C

 sp. D

 sp. E

 sp. F

 sp. G