ADELOGNATHINAE Thomson, 1888

ツブヒメバチ亜科

Adelognathus sp.
Adelognathus sp.
Adelognathus sp. の触角(黒いバーは鞭節の数を示す)
Adelognathus sp. の触角(黒いバーは鞭節の数を示す)

他の亜科との区別に用いる形態

小型のヒメバチ。頭盾は隆起し、顔面と弱い溝で分割される。頭盾前縁は切り詰められる。上唇は露出し、明瞭。触角鞭節は12~13節で、他の亜科より少ない。中胸側板‐中胸腹板分割溝を欠く。前伸腹節の隆起線は大抵減少する。後体節第1背板の気門は中央より後方に存在する。後体節は乾燥標本においてしばしば凹む。産卵管は腹部の厚み程度の長さで、先端背面に切れ込みはない。体は黒く、黄褐色部を持つ種が多い。

主な生態

日本では未知であるが、海外ではハバチの幼虫を単独あるいは集団で利用する外部寄生性殺傷型寄生蜂であることが報告されている。

同定の際の注意

一見すると小型のハバチヤドリヒメバチやマルヒメバチに見えるが、触角の節数で区別できる。一般に稀な亜科で、よほどヒメバチを採集しない限り、めったに得られない。

 本亜科は、Agelognathus属のみからなる。

日本産種のリスト

 

Adelognathus Holmgren, 1855

   Pammicra Förster, 1869

   Synaema Förster, 1869

   Notomeris Förster, 1869

   Cnemischys Förster, 1869

   Pammicrus Thomson, 1883

   Cnemischus Thomson, 1888

 dorsalis (Gravenhorst, 1829) (Hemiteles) ツブヒメバチ

   dryadum (Curtis, 1832) (Stilpnus)

   tener (Provancher, 1874) (Hemiteles)

   grabrosus (Davis, 1897) (Notomeris)

   melanius Roman, 1918

   deganti Cushman, 1933

   insolitus (Rossem, 1990) (Epitropus)

 pallipes (Gravenhorst, 1829) (Plectiscus)

   ruthei Holmgren, 1857

   pallidipes (Marshall, 1872) (Plectiscus)

   pallipes (Ashmead, 1890) (Catalytus) [homonym]

   pallidipes (Dalla Torre, 1902) (Hemiteles) [homonym]

   persimilis Cushman, 1922

 tetratinctorius (Thunberg, 1822) (Ichneumon)

   fasciatus Thomson, 1883

   scabriculus Thomson, 1883