RHYSSINAE Morley, 1913 オナガバチ亜科

(= Rhyssini of Ephialtinae フシダカヒメバチ亜科 )

シロフオナガバチ Rhyssa persuasoria (Linnaeus, 1758)
シロフオナガバチ Rhyssa persuasoria (Linnaeus, 1758)
シロフオナガバチ Rhyssa persuasoria (Linnaeus, 1758) ♀をロックオン
シロフオナガバチ Rhyssa persuasoria (Linnaeus, 1758) ♀をロックオン
オオホシオナガバチ Megarhyssa praecellens (Tosquinet, 1889) ♂
オオホシオナガバチ Megarhyssa praecellens (Tosquinet, 1889) ♂
ジョウザンオナガバチ Rhyssa amoena Gravenhorst, 1829
ジョウザンオナガバチ Rhyssa amoena Gravenhorst, 1829

[他の亜科との区別に用いる形態] 

小型から大型のヒメバチ(たいていは中型以上)でときに産卵管を含めた体長が100mmを超える。頭盾は小さく、一般にやや台形状で、その前縁は中央に瘤を持ち、そして/或いは側方の瘤をもつ。ほお上部にはやすり状の粒状突起を持たない。中胸盾板には不規則な横皺を有する(表面がなめらかになることは無い)。前伸腹節は隆起線を持たない。後体節第1背板は大抵短く、幅広で、気門は中央付近か、より前方にある。後体節は筒状か、背面と腹面が平圧される。♀の後体節第8腹板は 伸長し、先端は切り詰められた角を持つ。産卵管は後体節と同長か、より長く、先端背面には切れ込みは無く、下弁は大抵ドリル状。体色は大抵、体に褐色や黄色い紋を持つ。

[主な生態]

森林周辺でよく見られ、木材穿孔性の鞘翅目(カミキリムシなど)とキバチ類に外部寄生する飼い殺し型寄生蜂。キバチの天敵として重要であり、オーストラリアやニュージランドでは、侵入し針葉樹に多大な被害を与えるキバチの防除の為にシロフオナガバチ(欧州産)を導入したこともある。

[同定の際の注意]

近似のヒメバチとして、クチキヒメバチ亜科Pseudorhyssa属がいるが、下記の形質で区別できる。

 

1.後頭隆起線は中央背方付近で消失する。前翅翅脈cu-a脈の起点はRs+M脈とCu脈の合流点よりも翅の先端方に位置する。腹部先端に切り詰められた角を持つ。腹部はつやが大抵あるが、しばしばなくなる。 

・・・オナガバチ亜科

‐.後頭隆起線は中央背方付近でも完全。前翅翅脈cu-a脈の起点はRs+M脈とCu脈の合流点とほぼ同じ位置。腹部先端に切り詰められた角は持たない。腹部はつやを持たない。

              ・・・クチキヒメバチ亜科(Pseudorhyssa)

 

 同定の際は、よく似た色彩の種が多いこと、中~小型種の分類は完全ではないことを念頭に置く必要がある。まずは鏡胞の有無を調べ、有る場合はMegarhyssa属、Rhyssa属、そしてRhyssella属、なければEpirhyssa属かTriancyra属である。前者のグループは種の同定は比較的容易だが後者は時に困難。

日本産の属への検索表

 

1.後体節第1節の背板は腹板と融合せず、柄側刻は存在する。中脚第2転節腹面は縦隆起を欠く。後体節第24腹板はそれぞれ、一対の瘤を中央付近に有する。鏡胞を有する。体は黒色の地色に、白色もしくは黄色の斑紋をもつ。

・・・Rhyssa

-.後体節第1節の背板は腹板と融合し、柄側刻を欠く。中脚第2転節腹面は縦隆起を有する。後体節第24腹板はそれぞれ、一対の瘤を基部付近に有する。鏡胞を有するか、欠く。体の地色と斑紋は様々。

・・・2へ

2.鏡胞を有する。

・・・3へ

-.鏡胞を欠く。

・・・4へ

3.雄の把握器は内縁に平行の溝を欠くことも、先端側方の縦溝を有することもない。雄の後体節第36背板は適度に先端が凹み、中央に縦の膜状部を欠く。雌の後体節第35背板は横に走る、引っ掻いたような小じわに覆われる。後体節は先端の帯を有することがある他は、斑紋を欠く。産卵管をふくめた体長は大きくても60ミリ程度。

・・・Rhyssella

-.雄の把握器は下方内縁先端7/10に接近した、平行な剛毛溝を有し、先端側方に短い縦溝を有する。雄の後体節第36背板は先端が強く凹み、中央に縦の膜状部を有する。雌の後体節第35背板は無点刻か、ほぼ無点刻。後体節は斑紋をもつ。産卵管をふくめた体長は60ミリを超えることがあり、時に100mmを超える。

・・・Megarhyssa

4.大腮の上の歯の幅は下の歯の幅よりも狭い。襟部の前縁は適度に狭い反りかえった部位を持つ。縁紋の長さは最大幅の5倍程度。後体節第一背板の長さは幅の1.3倍程度。雌の後体節第1腹板は一対の瘤を有する。より南方系。

・・・Triancyra

-.大腮の上の歯の幅は下の歯の幅よりも幅広い。襟部の前縁は非常に狭い反りかえった部位を持つ。縁紋の長さは最大幅の510倍程度。後体節第一背板の長さは幅の1.33.5倍程度。雌の後体節第1腹板は瘤を欠く。より北方系。

・・・Epirhyssa (= Synchnostigma)

日本産種のリスト 

 

Epirhyssa Cresson, 1865WEB図鑑

       Rhyssonata Kriechbaumer, 1890

       Hierax Tosquinet, 1903 [homonym]

       Synchnostigma Baltazar, 1961

 japonica Cameron, 1886 シラホシオナガバチ

      chichibensis Uchida, 1928

      rossica Meyer, 1930

 moiwana Matsumura, 1912 モイワオナガバチ

 nigra Uchida, 1928 シロオビクロオナガバチ

 nigristigma Uchida, 1928 ツマグロオナガバチ

 nitobei Uchida, 1928 ニトベオナガバチ

 sapporensisUchida, 1928 サッポロオナガバチ

 

Megarhyssa Ashmead, 1900 WEB図鑑

Thalessa Holmgren, 1859 [homonym]

       Megalorhyssa Schulz, 1906

       Eurhyssa Derksen, 1941 [nomen nudum]

 gloriosa (Matsumura, 1912) (Thalessa) オオアメイロオナガバチ

 jezoensis (Matsumura, 1912) (Thalessa) エゾオナガバチ

       otanegawana (Matsumura, 1912) (Rhyssa)

      maruyamana (Uchida, 1928) (Thalessa)

 praecellens (Tosquinet, 1889) (Thalessa) オオホシオナガバチ

       japonica Ashmead,1906

      gigantea (Matsumura,1912) (Thalessa)

       superbiens (Morley,1913) (Thalessa)

       coreana(Uchida,1928) (Thalessa)

      maculipennis (Meyer,1934) (Rhyssa)  [homonym]

  rixator (Schellenberg, 1802) (Ichneumon)

   emarginatorius (Thunberg, 1822) (Ichneumon)

   leucographa (Gravenhorst, 1829) (Rhyssa)

   emarginata (Holmgren, 1860) (Thalessa)

   austriaca (Tschek, 1869) (Thalessa)

   flavonotata (Kriechbaumer, 1896) (Thalessa)

   paucimaculata (Fahringer, 1950) (Rhyssa)

  superba (Schrank, 1781) (Ichneumon)

   maculatus (Christ, 1791) (Ichneumon)

   quadrator (Schekkenberg, 1802) (Banchus)

   geminatorius (Panzer, 1804) (Ichneumon)

 

Rhyssa Gravenhorst, 1829WEB図鑑

        Cryptocentrum Kirby, 1837

        Pararhyssa Walsh, 1873

 amoena Gravenhorst, 1829 ジョウザンオナガバチ

      jozana Matsumura, 1912

 persuasoria (Linnaeus, 1758) (Ichneumon) シロフオナガバチ 

      matutina (Christ,1791) (Ichneumon)

      marginalis Brullé,1846

      gloriosa Rudow,1889

 

Rhyssella Rohwer, 1920WEB図鑑

 approximator (Fabricius, 1793) (Ichneumon)  シワオナガバチ

      curvipes (Gravenhorst, 1829) (Rhyssa)

      rugicollis (Zetterstedt, 1838) (Tryphon)

      bellator (Schiødte,1839) (Rhyssa)

      approximatrix (Schulz,1906) (Rhyssa)

      silbernageli (Kiss,1926) (Rhyssa)

 furanna (Matsumura, 1912) (Rhyssa) フランオナガバチ

      dubiosa (Matsumura, 1912) (Rhyssa)

 

Triancyra Baltazar, 1961WEB図鑑

 galloisi (Uchida, 1928) (Epirhyssa) ガロアオナガバチ

 hirashimai Momoi, 1970 ヒラシマオナガバチ

 macula Kasparyan, 2007

    striatiscutellaris (Uchida, 1956) (Epirhyssa)

 taniguchiae (Uchida, 1956) (Epirhyssa) タニグチオナガバチ