HYBRIZONTINAE アリヤドリバチ亜科

(= Paxylommatinae)

ケブカアリヤドリバチ Hybrizon ghilarovi Tobias, 1988
ケブカアリヤドリバチ Hybrizon ghilarovi Tobias, 1988
上の個体の前翅拡大写真(特徴的な翅脈)
上の個体の前翅拡大写真(特徴的な翅脈)

他の亜科との区別に用いる形態

小型~中型のヒメバチ。頭盾は小さく、伸長し、強く隆起する。前幕状骨孔は大抵大きい。大腮は小さく、目立たない。触角鞭節は11節からなる。胸部は短く、高い。前脚付節第1節の長さは、第2~第4節の長さの2倍程度。後脚および後脚基節は長く、スレンダー。前伸腹節は大抵、中央の縦隆起線のみを持つ。翅脈は非常に特異的(写真)。後体節第1節は筒状で、背板と腹板は同長で、気門は中央付近に存在する。産卵管は後体節先端の高さと同じ大きさで、背面先端方の切れ込みは無い。

主な生態

アリに寄生することが知られており、詳細は判っていなかったが、最近、Komatsu & Konishi (2010)で寄生行動の観察例が報告された。

同定の際の注意

極めて特徴的な形態をしており、区別は容易。北海道を除いて、一般に稀。

日本産既知種のリスト

 

Eurypterna Förster, 1862

     Ogkosoma Haupt, 1913

 cremieri (Romand, 1838) (Paxylomma)アラカワアリヤドリバチ

      grandis (Rudow, 1883) (Pachylomma)

      arakawae Matsumura, 1912

      schwarzi (Haupt, 1913) (Ogkosoma)

 

Ghilaromma Tobias, 1988

  orientalis Tobias, 1988 クロクサアリヤドリバチ

従来、G. fuliginosi (Wilkinson, 1930) と誤同定されていた(Konishi et al., 2012)  

 

Hybrizon Fallén, 1813

     Paxylomma Latreille, 1817

     Plancus Curtis, 1833

     Pachylomma Ratzeburg, 1848

     Eupachylomma Ashmead, 1894

 buccatus (de Brebisson, 1825) (Paxylomma) アリヤドリバチ

      apicalis (Curtis, 1833) (Plancus)

      latebricola Nees, 1834

      laevigatus Hartig,1848 [nomen nudum]

 ghilarovi Tobias, 1988  ケブカアリヤドリバチ