CHARMONTINAE van Achterberg, 1979

(=Charmontini of Homolobinae or Zelinae)

オナガコンボウコマユバチ Charmon extensor (Linnaeus,1758)
オナガコンボウコマユバチ Charmon extensor (Linnaeus,1758)

[他の亜科との区別に用いる形態Non-Cyclostome

 中型のコマユバチ。体はスレンダー。内向大腮。前翅は翅脈r-mを欠く。後頭隆起線は背方で減少する。後翅は翅脈2a’を有する。触角は長い。少なくとも日本産種は長い産卵管を有する。

 上唇は凹まず、大抵彫刻され、時折大腮の下に隠れる。後翅翅脈m-cuは大抵欠く。後体節第2背板の気門はほぼ常に側背板に存在する。後体節は第23節の間で曲がらない。

主な生態 

 鱗翅目幼虫の内部寄生性飼い殺し型寄生蜂。灯火に良く飛来するため、夜行性と考えられる。

同定の際の注意

 ヒゲナガコマユバチ亜科と一見すると似ているほか、ヒメバチ科に誤同定されていることがある。

(上記解説中の翅に関する名称はSharkey, 1993に従っています)

 2属が知られ、日本にはCharmon属のみが産している。新大陸に産するCharmontia属とは、下唇肢の第3節は欠くか、第2節よりも明らかに短い点、前翅の1st. discal cellは(半ば)柄を持つ点、小盾板は後方中央で無点刻な点、後体節第1背板は比較的頑丈で、先端幅の2倍以下である点などで区別される。

 外見的にはヒゲナガコマユバチ亜科やOrgilinaeに似るが、系統的には異なるグループである。

日本産既知種のリスト(2012年版)

 

Charmon Haliday, 1833

     Provancheria Ashmead, 1900

     Cyclocormus Cameron, 1911

 extensor (Linnaeus, 1758) (Ichneumon) オナガコンボウコマユバチ

       gracilis (Provancher, 1880) (Eubadizon)

       hungaricus (Kiss, 1927) (Calyptus)

       striatus (Shestakov, 1940) (Eubadizon)