MIRACINAE Viereck, 1918

ヒメサムライコマユバチ亜科

Mirax sp.
Mirax sp.
Mirax sp.
Mirax sp.

他の亜科との区別に用いる形態Non-Cyclostome

 小型のコマユバチ。内向大腮。前翅翅脈Rsの末端区画は管状にならない。前翅翅脈r-m脈を欠く。後体節第1背板は気門を膜状の側背板に有する。触角鞭節は12

 上唇は凹まず、大抵彫刻され、時折大腮の下に隠れる。後翅翅脈m-cuは大抵欠く。後体節第2背板の気門はほぼ常に側背板に存在する。後体節は第23節の間で曲がらない。

主な生態

 潜葉性の鱗翅目幼虫の内部寄生性単寄生者。

同定の際の注意

 サムライコマユバチ亜科に一見すると似ているが、触角鞭節の節数で区別できる。

(上記解説中の翅に関する名称はSharkey, 1993に従っています)

日本産既知種のリスト(2012年版)

 

Centistidea (Centistidea) Rohwer, 1914

 irruptor (Papp, 1987) (Mirax)

 kumatai (Maeto, 1995) (Mirax)

 mogrus (Papp, 1987) (Mirax)

 sii (Maeto, 1995) (Mirax)