CENOCOELIINAE Szépligeti,1901 

ハラダカコマユバチ亜科

カミキリハラダカコマユバチ Cenocoelius japonicus (Watanabe,1951)
カミキリハラダカコマユバチ Cenocoelius japonicus (Watanabe,1951)

 後体節の前伸腹節への接合部は、他の亜科にくらべ、明らかに後脚基節より離れた位置にある。その為、後体節と後脚基節の間には空間がある。Postpectal carinaは大抵存在し、後体節第一背板は第二背板と可動可能な状態でつながっている(Achterberg, 1990)。

 比較的小さな亜科で、木材穿孔性の鞘翅目昆虫の幼虫に内部寄生する。比較的出会うことは少ない。

日本産既知種のリスト(2012年版)

 

Tribe CENOCOELIINI Szépligeti, 1901

 

Cenocoelius Westwood, 1840

         Laccophrys Förster, 1862

         Promachus Cresson, 1887  [homonym]

         Caenocoelius Marshall, 1894

         Postpromachus Maes, 1999

 japonicus (Watanabe, 1951) (Capitonius) カミキリハラダカコマユバチ

 sp. A  

   sp. B