TRIGONALIDAE Cresson 1887カギバラバチ科

キスジセアカカギバラバチ Taeniogonalos fasciata (Strand 1913)
キスジセアカカギバラバチ Taeniogonalos fasciata (Strand 1913)
キスジセアカカギバラバチ Taeniogonalos fasciata (Strand 1913)
キスジセアカカギバラバチ Taeniogonalos fasciata (Strand 1913)
キスジセアカカギバラバチの顔
キスジセアカカギバラバチの顔
ナガハゴロモカギバラバチ Orthogonalys elongata Teranishi, 1929
ナガハゴロモカギバラバチ Orthogonalys elongata Teranishi, 1929

主な特徴Carmean & Kimsey, 1998による)

①  メスの触角鞭節中央数節は、外側に白い鱗片あるいは白い剛毛をまばらに有する。

②  大顎は通常幅広く、先端は幾つかの歯を持ち、非対称(Bareogonalos属では左右対称の場合有り)。

③  各転節は2節に分割され、後脚転節は外見的に3節に分割される(例外あり)。

④  一部の属では前伸腹節の気門は突出部に覆われる。

 

 特徴的な形態を有する比較的小規模な寄生蜂の一群で、日本からは9種が知られている。日本産の種は時に15 mmに達するエゾマルカギバラバチを除いて体長は通常512 mm程度。大抵の種で、♀の腹部先端がかぎ状となっていることから、この和名がついたと思われる。主な形質は上記の通りである。

 

 生態としては、非常にユニークな寄生戦略を有することが知られており、まず母蜂は草食性の鱗翅目昆虫の幼虫やハバチの幼虫が利用する食草に産卵を行い、食草の摂食を介し卵をそれらの幼虫の体内に送り込む。その後、その幼虫に偶然寄生したヒメバチやヤドリバエなどの寄生蜂、寄生蝿に寄生するか、その幼虫を狩りに来たスズメバチなどの捕食性昆虫の幼虫に寄生するとされる。このように極めて特殊な寄生様式(二次寄生)をとるため、メスは非常に多くの卵を保有することが知られており、典型的な小卵多産型の寄生蜂である(下手な玉も数打てば当たる)。しかしながら、生態の記録はごく一部の種のみで、少ないのが現状である。

 野外において、成虫は林縁や草地などで得られるが、一部の種を除いて個体数は少ない。関東地方周辺で良く見られる種は下記の4種である。

 

Orthogonalys elongata Teranishi 1929 ナガハゴロモカギバラバチ

山地の特に沢沿いの植物葉上にしばしば見られる。

Orthogonalys hagoromonis Teranishi 1929 ナミハゴロモカギバラバチ

特に4月~5月にかけて、河川敷の土手など、草地環境で見られる。

Taeniogonalos fasciata (Strand, 1913) キスジセアカカギバラバチ

森林の林縁および林内の吹き溜まりで、植物葉上にしばしば見られる。

Taeniogonalos maga (Teranishi, 1929) マダラカギバラバチ

山地の特に沢沿いの植物葉上にしばしば見られる。

 

 国内における分類の研究は幾つかあるが、特にTeranishi (1929)Tsuneki (1991)は重要な文献である(後者は若干入手が難しい)。日本産昆虫総目録はTsuneki (1991)の出版される前に出版されている為、総目録以降に相当な変更と追加が行われてきた。特に重要な文献として、Carmean & Kimsey (1998)による世界のカギバラバチの高次体系の整理は重要である。

 日本産種の同定は渡辺・山根(2017)で一通り行えるが、高次分類だけでなく、一部の属については国内産種の分類についても課題が存在する。

 

日本産既知種のリスト

 

渡辺・山根(2017)に準じ、亜科や族は暫定的に認めない体系を採用した。

 

Bareogonalos Schulz, 1907

  Nippogonalos Uchida, 1929

jezoensis (Uchida, 1929) (Nippogonalos) エゾマルカギバラバチ

 

Jezonogonalos Tsuneki, 1991

      marujamae Tsuneki, 1991 マルヤマカギバラバチ

 

Orthogonalys Schulz, 1905

   Satogonalos Teranishi 1931

elongata Teranishi, 1929 ナガハゴロモカギバラバチ

  hirasana Teranishi, 1929

  debilis Teranishi, 1929

fukuiensis Tsuneki, 1991  フクイハゴロモカギバラバチ

hagoromonis Teranishi, 1929  ナミハゴロモカギバラバチ

 

Taeniogonalos Schulz, 1906

    Labidogonalos Schulz, 1906

      PoecilogonalosSchulz, 1906

      Lycogastroides Strand, 1912

      Lycogonalos Bischoff, 1913

      Nanogonalos Schulz, 1906

      Taiwanogonalos Tsuneki, 1991

fasciata (Strand, 1913) (Poecilogonalos) キスジセアカカギバラバチ

    magnifica (Teranishi, 1929) (Poecilogonalos)

maga (Teranishi, 1929) (Poecilogonalos) マダラカギバラバチ

  alishana (Tsuneki, 1991) (Taiwanogonalos)

  claripennis (Tsuneki, 1991) (Taiwanogonalos)

 sauteri Bischoff, 1913 ザウターカギバラバチ

         pinctipennis Strand, 1914

    taihorina (Bischoff, 1914)  (Nanogonalos) ユアサカギバラバチ

       yuasai (Teranishi, 1938) (Poecilogonalos)

 

Teranishia Tsuneki, 1991

  nipponica Tsuneki, 1991 フタホシカギバラバチ

 

 

日本産種の同定および関連文献は以下の文献を参照してください。

 

渡辺恭平・山根正気,2017.日本産カギバラバチ科についてのメモ.つねきばち (30): 1-26.